ファシズムを語る - レンツォ・デ・フェリ-チェ

レンツォ ファシズムを語る

Add: ecebaco65 - Date: 2020-12-09 22:02:48 - Views: 7669 - Clicks: 6238

1905年1月、イタリアに帰国したムッソリーニは自ら兵役に応じると申し出て、王国陸軍の第10狙撃兵(ベルサリエーリ)連隊に配属された。入隊間もない1905年2月17日、母ローザは危篤状態となり急遽プレダッピオに戻ったが、2日後の2月19日に亡くなった。軍隊では反体制派の人物としてその真意が疑われて監視を受けたが、間もなく模範兵として評価されるようになる。兵役の間も勉学を続け、ドイツロマン主義、ドイツ観念論、ベルグソン、スピノザについて研究した。1906年9月、兵役を終えて除隊し、オーストリアとの国境に近いヴェネツィア北東の小さな町トルメッツォで教師に復職した。1907年11月、中等教育課程の教員免状を取得すべくボローニャ大学で筆記試験と口頭試問を受け、合格して外国語(フランス語)の教員免状を取得した。 1908年3月、ジェノヴァ近郊のオネーリアにある寄宿学校からフランス語教師として雇用され、歴史学と国語・地理学も担当した。政治活動ではオネリア社会党支部の地方機関誌『ラ・リーマ』の編集長に抜擢され、王政支持者の新聞『リグーリア』と激しい論戦を交わす一方、愛国小説として名高い『クオー. . Author: Wikipedia (That means the book is composed entirely of articles from Wikipedia that we have edited and redesigned into a book format. ドイツのヒトラー政権は、ファシズムに影響されたナチズムとヴェルサイユ条約体制の打破を掲げて再軍備宣言などに着手し、国際的に孤立していた。ヒトラーはムッソリーニへの尊敬を公言し、早い段階から独伊の国家同盟を模索していた。対するムッソリーニはドイツという国家には若い頃から好意を持っていたものの、ナチズムの持つ人種主義的要素を嫌悪し、パワーポリティクスの点からもヴェルサイユ体制の維持を支持していた(ストレーザ戦線)。 1934年6月、ヴェネツィアでイタリアを最初の外遊先に選んだヒトラーとの会談が行われた。会談でヒトラーはムッソリーニをカエサルに例えるなど好意を深めたが、得意の北方人種論を口にして不興を買った。ムッソリーニはナチスの反ユダヤ主義は「常軌を逸している」と批判し、オーストリア併合問題でもドルフース政権を支持して譲歩しなかった。会談後、外務次官フルヴィオ・スーヴィッチとの会話でヒトラーを「道化師」と評したのは有名な逸話である。その後も相次いで発生した突撃隊粛清やドルフース暗殺事件などヒトラーの人間性を疑う出来事が続き、嫌悪感が募るばかりであった。それを裏付けるように次の独伊会談. こうした努力にも関わらず戦局の不利は変わらず、ヴェローナ憲章も戦争協力が優先されて正式な憲法制定に漕ぎ着ける事は最後まで果たせなかった。1944年4月、ドイツのグラーフェンヴォール練兵場で共和国国防軍の閲兵式を行い、『サン・マルコ』海兵師団の訓練を視察して兵士達から熱烈な歓迎を受けた。視察を終えた後はザルツブルグ郊外でヒトラーとの首脳会談に臨み、もう一度対ソ講和を強く勧めたが、ヒトラーは「秘密兵器による勝利」という空想を口にするだけであった。帰国すると6ヶ月近くドイツ軍とRSI軍が踏み止まっていた首都ローマが遂に失陥したとの報告が届き、全国民に向けて喪に服すると共に連合軍への抵抗を呼び掛ける声明を出した。ローマ失陥の翌日にはノルマンディー上陸作戦が開始され、枢軸国の命運は尽きつつあった。 1944年7月20日、再びドイツを訪問してバイエルンで擲弾兵師団「リットリオ」を筆頭とした共和国国防軍4個師団の合同演習を視察した。視察後に16度目となる独伊会談が開かれるラステンブルグに向かうと、その移動中にドイツでヒトラー暗殺・クーデター未遂事件が発生した。ヒトラーが九死に一生を得た暗殺未遂.

ベニート・アミールカレ・アンドレーア・ムッソリーニ( Benito Amilcare Andrea Mussolini 、1883年 7月29日 - 1945年 4月28日)は、イタリアの政治家、教師、軍人。. 休戦交渉についてバドリオはドイツ軍の介入を恐れて連合軍との戦闘継続宣言を出したが、同時にカステラーノ統合参謀本部次長をスペインに送って親伊派のホーア元・英外相注 20と会談を行わせ、連合国への休戦を申し入れた。ケベック会談中のルーズベルトとチャーチルは急ぎ「短期休戦協定」を策定したが、この文書は無条件降伏については棚上げしており、細目は今後「長期休戦協定」を結ぶ際に議論するものとした。連合国遠征軍のドワイト・アイゼンハワー最高司令官はウォルター・ベデル・スミス遠征軍参謀長に「短期休戦協定」の文書を持たせてポルトガルのリスボンでカステラーノと会談を行わせ、両者の間で8月30日までに本国の許可を取り、9月1日にシチリア島の連合軍司令部で調印する事が決められた。 だがカステラーノが「陸路」で帰国する前にバドリオはジャコモ・ザヌッシ陸軍副参謀長に「空路」でリスボンに交渉結果の確認を命じ、そのザヌッシは連合軍から無条件降伏が追記された「長期休戦協定」を渡されて帰国した。カステラーノとバドリオに別々の交渉条件が伝えられるという連絡ミスによって、バドリオ政権の情勢判断はさらに混乱した。9月. 監督「マリオ・カメリーニ(Mario Camerini,Mario Camerini)」が携わった映画7作品を紹介。「戦争と平和年12月22日(土))」の脚色。 1936年7月17日、米西戦争や第三次リーフ戦争など植民地における軍事的挫折によって衰退が続いていたスペイン王国で内戦が発生した(スペイン内戦)。フランシスコ・フランコ将軍を中心とした反乱軍(国民軍)は親ファシズムを標榜して独伊両国に支援を要請、7月21日には早くも使者がイタリアを訪れている。 ファシズムの影響を受けたファランヘ党も国民軍の反乱に加担していたが、ムッソリーニは内戦参加に当初反対だった。しかし外務大臣チアーノが積極的であった事や、フランスがマヌエル・アサーニャら政府軍(人民軍)の支持を検討した事から、国民軍への援助を命じた。続いてドイツもヒトラーとゲーリングが支援を決め、手始めに独伊で合計21機の航空機を供与している。第二共和制に対するフランスの支援は実際には行われず、イギリスと共に「スペイン不干渉委員会」を組織した。代わりにソヴィエト連邦が共和国派の支援を表明したので、本来友好的であったイタリアとソヴィエトとの対立が生じた。またフランコは早期の内戦勝利に否定的で旧首都マドリード占領を避けて長期戦に向けた体制を構築する事を志向し、ムッソリーニとヒトラーは国民軍の戦意.

連合軍と枢軸軍という観点においては「イタリア戦線」(Italian Campaign)と呼称される戦いは、家族兄弟が両軍に分かれて戦う「イタリア内戦(1943年-1945年)(英語版)」(Italian Civil War)としての側面を持っていた。イタリアの歴史学界においては冷戦終結後の1990年代から戦闘を「内戦」(La guerra civile)と定義する意見が主流になっている。内戦で自らのRSI軍や義勇軍がドイツ軍とともに勇敢な戦いを見せた事は「イタリアの名誉」を求めるムッソリーニに幾分の希望を与えたが、同時に反乱軍や王国軍兵士との内戦は民族の団結(ファッシ)という理想が失われる思いでもあった。 レジスタンスやパルチザンは民衆を巻き込んでテロや破壊工作を繰り広げ、ドイツ軍によるイタリア国民への残忍な報復を招いても、そうした人質戦略に意に介する事もなかった。被害を住民に押し付けるパルチザン達の戦術は「銃を撃ち、そして消える」と皮肉られ、終戦直前まで広範な支持を得る事はなかった。対照的にムッソリーニはRSI軍の兵士達の憤慨を宥め、可能な限り報復を行わない様にRSI軍に厳命を. ファシズムを語る - レンツォ・デ・フェリ-チェ 1934年12月5日、エチオピア帝国とイタリア領エリトリア・ソマリランドの国境問題を巡り、イタリアとエチオピアとの間で武力衝突が発生した(ワルワル事件)。青年時代から第一次エチオピア戦争の復讐を望んでいたムッソリーニはこれを契機にエチオピアへの植民地戦争を再開し、エリトリア及びソマリランド駐屯軍に遠征準備を命じた。戦争にあたってムッソリーニは英仏と交渉を重ねて調整を進めていたが、左派の労働党や国民の平和主義運動に突き上げられた英仏は曖昧な態度を取り、最終的にリベラル寄りのスタンリー・ボールドウィン英首相と、反ファシストであった英外務副大臣アンソニー・イーデンの強い主張が通ってエチオピア側に立った。 イーデンの外交姿勢はストレーザ戦線を主導するなど旧協商国寄りであったムッソリーニをドイツへ接近させる結果を生み出し、この点において親ファシストであった外相サミュエル・ホーア、ウィンストン・チャーチルやイギリス王エドワード8世の考えとは対照的だった。特にイーデンの上位となる英外相ホーアはファシスト運動を初期段階から後援していたムッソリーニの旧友であり、「仮に経済制裁が行われても決して石油. リチェオ(文系高校、理系高校など)には510の進路・課程があったのを9に統合し、工業高校には204あったのを11に統合する。 リチェオには、新顔が2つ登場する。音楽高校と人文科学( Scienze umane )高校である。芸術系高校には3つの進路・課程が増える。.

1883年7月29日、ベニート・アミルカレ・アンドレーア・ムッソリーニ(Benito Amilcare Andrea Mussolini)はサヴォイア朝イタリア王国エミリア=ロマーニャ州フォルリ=チェゼーナ県の県都フォルリ近郊にあるプレダッピオ市ドヴィア地区に、鍛冶師アレッサンドロ・ムッソリーニ(英語版)と教師ローザ・ムッソリーニ(英語版)の長男として生まれた。メキシコ合衆国の初代大統領で独立の英雄のベニート・フアレスにちなんでベニート、親しい間柄にして尊敬する国際主義的な革命家であったアミルカレ・チプリアニにちなんでアミルカレ、ガリバルディの盟友でもあったミハイル・バクーニンの腹心であり、後にイタリア社会党に参加するアンドレア・コスタにちなみアンドレーアとそれぞれ父の尊敬する人物の名前を貰っている。三人兄妹の長兄として二人の弟妹がおり、次弟はアルナルド(英語版)、長妹はエドヴィージェ(イタリア語版)という名であった。 ムッソリーニという家名はブレダッピオでよく見られるもので、現在でも同地にはムッソリーニ姓を持つ人々が複数居住している。家系については少なくとも17世紀頃にはロマー. 独裁宣言以後、ムッソリーニは結社規制法、定期刊行規制法、政府による公務員免職法など次々と可決させ、反対派が全体主義(総力戦主義)と呼ぶ統制的な社会体制を作り上げていった。後に続くナチス・ドイツ体制での強制的同一化とは異なり、無用な軋轢を避け、長期的な視野に基いた体制構築を志向したファシズム・イタリア体制は「選択的全体主義」と定義されている。 1925年6月に開かれた国家ファシスト党の党大会において、ムッソリーニは「イタリア国民のファシスト化」を宣言した。全ての国民が年齢・性別・職業・居住地など何らかの区分毎に組織化され、自由主義国家で認められているような政治社会と市民社会の境界線は取り払われた。政治行政から文化政策に至るまで、あらゆる分野でファシズムに基づいた社会・国家の構築が図られた。1927年10月、「ファシスト暦」の導入が決定され、ローマ進軍が行われた「西暦1922年」を「ファシスト暦第1年」として暦の始まりとした。伝統的な年号の横にローマ進軍から経過した年数が刻まれ、ファシズムの象徴であるファスケス(束桿)が宰相旗や国章などに組み込まれた。. 監督「フランチェスコ・ロージ(Francesco Rosi,Francesco Rosi)」が携わった映画15作品を紹介。「遙かなる帰郷(1998年6月6日(土))」の監督、脚本、脚色。. ルイジ・ロカ-ショ、サンドラ・チェカレッリ、ファビオ・カミッリ: ミケ-レ・フェドリコッティ: 04 「虚構と現実」が交錯する大人の愛と官能の人生物語: OHD-0083: エイプリル /Aprile: ナンニ・モレッティ: 3500+税. 1923年8月、第一次世界大戦の戦勝国による外交組織「大使会議」によるアルバニア、ユーゴスラビア、ギリシャなどバルカン諸国の国境線を確定する為の調査が行われていたが、国境調査団のメンバーであったイタリア陸軍のエンリコ・テルリーニ(英語版)将軍が暗殺される事件が発生した。当初から領土問題に不満を持っていたギリシャ系組織による犯行が疑われ、イタリアや国際社会からの強い抗議を受けてもギリシャ政府は関係を否定し、調査や謝罪を拒否する姿勢を取った。これに対してムッソリーニは国際社会による調停を見限って強硬手段での解決を目指し、海軍によって8月31日にギリシャ王国領ケルキラ島(コルフ島)を占領させた(コルフ島事件)。最終的にギリシャ政府は事件に関する責任や調査の不手際を認めてイタリアに謝罪し、5千万リラの賠償金を支払った。対外的な強行姿勢は国民の愛国心を高め、ムッソリーニ連立政権への支持はますます上昇した。 1924年、ユーゴスラビア王国と友好条約を結び、ソヴィエト連邦を国家承認して外交関係を強化した。1925年10月、英仏独伊共同の平和条約であるロカルノ条約を締結した。. 平凡社 本・雑誌・コミック 人文・地歴・哲学・社会 社会科学の製品価格や機能の比較なら商品価格ナビ。商品価格ナビは欲しい製品の価格最安値やポイントがすぐに比較できます。. 1943年7月27日、名目上、ムッソリーニは身辺警護を理由に擬装用の救急車で海軍基地に護送され、そこから輸送艦でティレニア海の島々へ幽閉された。最初に軟禁されたポンツァ島では準備が間に合わず、使われていない無人の古民家が用意された。風呂が使えないなど粗末な建物であったが、監視についた下士官達はムッソリーニに敬意を払い、書物や衣服の差し入れなど軟禁生活を手助けした。数日後により厳重な警備が行われているラ・マッダレーナ島に移動し、そこでは海軍将校用の邸宅が提供されて新聞などを購読する事も許可された。激務から中断していた読書や執筆に専念する日々を送り、これまでの国家指導について見つめ直す機会を得て、今後のファシズム運動のあり方について思索を行っている。 幽閉されている間にも外部では政治情勢が混迷を続けていた。バドリオは首相(閣僚評議会議長)ではなくムッソリーニと同じく首席宰相及び国務大臣(イタリア語版)の地位に就任して、国家ファシスト党による独裁に倣った軍部独裁を志向した。その為、バドリオ政権はボノーミらを初めとする議会制民主主義の復権を求める政治家達から積極的な協力を得られなかった。. 開戦と同時に仏伊国境に展開していたピエトロ・ピントール(英語版)陸軍大将の伊第1軍とアルフレド・グッツォーニ(英語版)陸軍大将の伊第4軍を統合し、名目上の指揮官として皇太子ウンベルトを戴く西方軍集団(ドイツ語版)(Gruppo Armate Ovest)が編成された。軍集団は兵員30万名を数えたが、兵士の装備は劣悪であった。特に山岳戦での冬季装備については全く用意されておらず、極寒のアルプス山脈を進む部隊で凍傷が多発し、雪山での凍傷者数は2151名にも上った。海岸線を進む部隊は国境の街マントンを攻め落として戦術的勝利を得たが、独仏国境のマジノ線と並ぶ要塞線である伊仏国境のアルパイン線(en)に到達すると、前時代的な正面攻撃を敢行する司令部の無策で損害を受けた。 結局、フランスが枢軸国に全面降伏を宣言してヴィシーフランス政府が成立するまでの間に631名の戦死者と数千名の負傷者が犠牲となった。イタリアも伊仏休戦協定(英語版)を結び、対価としてマントン割譲とサヴォア、ニースの非武装化を含むイタリア南仏進駐領域の権利を得たが、コルシカや戦略上重要なチュニジアの獲得は果たせなかった。開戦前.

参戦論への転向はしばしば「経済的理由」「栄達への野心」などが理由であると批判的に語られるが、実際には戦争を革命(現体制の転覆)に転化するというこれまで通りの思想のためであったと歴史家レンツォ・ディ・フェリーチェ(イタリア語版)は指摘している。そもそもムッソリーニは最初から民族主義者にして参戦論者であり、現実的な軍備や外交を見て反対していたに過ぎない。日和見主義という批判はムッソリーニの離党後の混乱に危機感を抱いた社会党指導部の中傷による部分が大きいと考えられている。事実、ムッソリーニ除名前の1914年には5万8326名が存在した社会党員はたった2年後には半数以下の2万7918名にまで急減している。これは祖国の戦争について「支持も妨害もせず」という空虚なスローガンで乗り切ろうとした社会党に不満を持っていったのはムッソリーニだけではなかった事を示している。 もしイタリア社会党が社会愛国主義を掲げて参戦論を主導すれば政権を得ていた可能性すらあった。レーニンが指摘するようにイタリア社会党は革命を起こす機会を自ら捨ててしまった。 社会党除名後もムッソリーニは基本的な政治的立場は革新主義であ. 60万名以上の戦死者を出す熾烈な戦いの末、イタリア王国は戦勝国の地位とトレンティーノ、南チロル(アルト・アーディジェ)、ヴェネツィア・ジュリア、イストリア半島の併合を勝ち取った。しかし国民はスラブ系とイタリア系住民が混淆したダルマチアの併合が民族自決論の前に阻まれたことを「骨抜きにされた勝利(イタリア語版)」と感じ、自国政府や旧協商国への批判を強めていた。また英仏の様な賠償金を獲得できず、大戦による戦費の浪費によって訪れた不況は労働者の間で社会主義の台頭を後押しした。ムッソリーニは戦勝で民族主義が高まる一方、社会不安が広がる情勢に危機感を抱いていた。1917年、ムッソリーニは参戦運動以来の繋がりがあったイギリス政府から初代テンプルウッド子爵サミュエル・ホーア(英語版)を通じ、政界進出に向けた資金援助を受け始めた。政治活動においてムッソリーニは「祖国に栄光を与える、精力的で断固たる態度を持った人物」の登場が必要だと説いた。 ムッソリーニは主流派の社会主義に幻滅しており、後に「思想としての社会主義は既に死に絶え、悪意としての社会主義のみが残っていた」と回想している。大戦後のイタリア社. デ・フェリーチェは、『イルミナティと革命的神秘主義(The Illuminati and Revolutionary Mysticism,)』を書いた際に、自分のファシズムを隠さなかった。. 99 (free for members). パスカリーノ・デ・サンティス 音楽 アルマンド・トロヴァヨーリ (アルマンド・トロヴァヨーリ) 美術/装置 ルチアーノ・リッチェリ 衣装 エンリコ・サッバティーニ 助監督 シルヴィオ・フェッリ クロード・フォウニエ 編集 ライモンド・クロチ. 1850-55頃 ― セラフィーノ・デ・ティヴォリ、ジョヴァンニ・ファットーリ、テレマコ・シニョリーニ、ヴィンチェンツォ・カビアンカなど、後に「マッキアイオーリ派(Macchiaioli)」と呼ばれる画家たちがカフェ・ミケランジェロの常連となり、芸術についての議論を重ねるようになる.

少年期のムッソリーニは喧嘩っ早い性格で、腕っ節の強さで村の少年達のリーダーになっていた。しかし性格自体は寡黙で、後年もそうであった様に周囲に心を開かず、仲間と群れる事を嫌って一人で行動する事も多かった。勉学面では教養深い両親の間に生まれ、田舎町の生まれでありながら正確な標準イタリア語を話す事が出来た。長男が教会を嫌う事は敬虔な母ローザの悩みの種であったが、プレダッピオに建設された義務教育部分のみを担当する二年制学校で勉学を終わらせるのは惜しい事もあり、ファエンツァにあるサレジオ修道会系のイスティトゥート・サレジアーノ寄宿学校で勉学を継続した。寄宿学校ではラテン語や神学などを学んだが、この時期はムッソリーニにとって最悪の時期であった。 イスティトゥート・サレジアーノ寄宿学校では学費の大小によって生徒の待遇が異なり、庶民(下層民)・平民・貴族によってクラスが分けられ、寝食など全てで差別されていた。ムッソリーニは「社会の不公平さ」を実感し、また偽りの平等を説く教会を憎んだという。教師の側もムッソリーニを警戒し、風紀委員を通じて監視下に置いていた。こうした状況から学業成績こそ「鋭敏な知性. . 製作はジョヴァンニ・ディ・クレメンテ、監督は「ボッカチオ&39;70」のマリオ・モニチェリ、トゥリオ・ピネリの原案を基にピネッリ、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、レオ・ベンヴェヌーティ、ピエロ・デ・ベルナルディ、ジャクリース・ル・フェブラ. ファシズムの誕生 - ムッソリ-ニのロ-マ進軍 - 藤沢道郎 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. ムッソリーニは社会党指導部が掲げる社会民主主義に基づいた議会制民主主義には特に明確な反対姿勢を持っていた。党内穏健派の下院議員レオニーダ・ヴィッソラーティ(英語版)が政権関与の代償に共和制移行を棚上げする行動に出た事でその不信は決定的となった。ムッソリーニはヴィッソラーティの解任を求める論説を『ラ・ロッタ・ディ・クラッセ』に掲載して、要求が拒否されるとフォルリ党支部の党員を率いて離党した。党指導部に急進派を切り崩された為に追随する支部は現れず、孤立する結果となってしまったムッソリーニ派を救ったのがイタリア・トルコ戦争であった。 1911年に勃発したイタリア・トルコ戦争に対しては、右派も左派も政府との協力体制を望んで植民地戦争に好意的な姿勢を取っていた。そうした中でムッソリーニのみが不毛な植民地戦争を腐敗した今の国内体制を打倒する事に転じさせるべきだという主張を貫き、政府との協調路線に傾斜する指導部に不満を持っていた社会党員内での再評価に繋がっていった。ムッソリーニは民族主義に肯定的だったが、今の政府は戦争を使って内政から目を逸らさせようとしているに過ぎないと見抜いていた。『ラ・ロ. 1923年、国家ファシスト党選出のアテルノ・ペスカーラ男爵ジャコモ・アチェルボ(英語版)議員により既存の比例代表選挙を修正する選挙法改正案が提出された(アチェルボ法(英語版))。同法では今後の比例代表選挙では全体の25%以上の得票を集め、かつ第一党となった政党が全議席の3分の2を獲得し、残った議席を第2党以下に得票率に応じて分配するとする内容であった。小政党乱立による連立政治や野合を防ぎ、一党独裁制による政治権力の集中というファシズムの重要な目標を意図していた。法案は選挙が行われる下院(代議院)に関するもので、国王による任命制である上院(王国元老院)は対象外であった。 野党の共産党・社会党はアチェルボ法に反対しており、また国家ファシスト党が所属する連立与党でも意見が分かれたことから成立は当初疑問視されていた。しかし人民党や社会党など左派系政党の躍進に危機感を抱いていた自由党は賛同し、また当初は反対していた人民党もムッソリーニのコンコルダート路線を支持するローマ教皇の意を受けて連立離脱と棄権のみで肝心の反対票は投じなかった。人民党・自由党を懐柔し、並行してクーデターで活躍した黒シャ. ファシズムを語る - レンツォ・デ・フェリ-チェ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. イタリア戦闘者ファッシによるファシズム運動が開始されたが、当初ムッソリーニは創設者ながら積極的に組織運営に関与せず、部下に実務を任せていた。1919年11月16日、設立年の年末に1919年イタリア総選挙(英語版)が実施されたが、この時点ではまだ農村部の運動を十分に取り込んでおらず支持者は北イタリア、それもミラノなど都市部に限られていた。同年の選挙ではイタリア社会党とキリスト教民主主義を掲げて結党されたイタリア人民党の競り合いに注目が集まり、「戦闘者ファッシ」は特に存在感を示せず、当選者は現れなかった。集まった創設メンバーの90%が2、3年で脱退し、党内の左派勢力が退潮していった。ムッソリーニ自身も党内右派の主張に舵を切り、政治主張から反教権主義を取り下げるなどの修正を加えた。ただし後述する様に、ムッソリーニ個人は社会主義者時代から晩年まで一貫してキリスト教を蔑視していた。また党内左派の主張を完全に捨てたわけではなかった。農村地帯の小作人による農地占拠に続いて都市部でも「工場占拠闘争」が始まると、ストライキより過激なこの労働運動に条件付きながら協力を表明している。 また選挙の結果は.

俳優「ルクレツィア・ランテ・デラ・ローヴェレ(Lucrezia Lante Della Rovere,Lucrezia Lante Della Rovere)」が携わった映画3作品を紹介。「魚のスープ(1993年2月11日(木))」の出演(Anna 役)。「いつか見た風景(1991年7月25日(木))」の出演(Silvia 役)。. 1914年、帝国主義的な利害衝突の果てに第一次世界大戦が勃発した際、各国の社会主義者は祖国の戦争遂行に必ずしも反対しなかった。そればかりか幾つかの組織は戦争への参加を歓迎すらした。一部の社会主義者の間では愛国心や自国社会の防衛などから、他国に対する戦争に賛同する動きが展開された(社会愛国主義、社会帝国主義)。ドイツ、フランス、イギリス、ロシア、オーストリア・ハンガリーで高まる国家主義の流れに加わるこうした社会主義たちが現れていた。イタリアでは熱狂的な民族主義者である詩人ガブリエーレ・ダンヌンツィオがイレデンティズムを掲げて参戦運動の先頭に立ち、自由主義政党のイタリア自由党がダンテ・アリギエーリ協会と共に参戦運動を行っていた。また戦争を賛美する未来派の詩人フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティは国際行動参戦ファッショを組織したが、これは政治用語としてファッショ(結束)というスローガンが用いられた最初の例となった。 その中でイタリア社会党を中心とする社会主義系の諸派は参戦主義と平和主義に分かれて対立した状態に陥っていたが、主流派でありムッソリーニが属する社会党は開戦前夜に戦争反対を議決.

ファシズムを語る - レンツォ・デ・フェリ-チェ

email: urakuk@gmail.com - phone:(526) 122-6568 x 7411

しるこの園 - 池田一平 - ことばあそび なぞなぞ

-> 安岡正篤最上の人生設計 - 寺師睦宗
-> 虹色モザイク - 田村理江

ファシズムを語る - レンツォ・デ・フェリ-チェ - 永畑道子


Sitemap 1

隠れ家の天使 - チェリー・アデア - メタルダーとうじょう 超人機メタルダー