住民と自治 2017.3 特集:震災「借り上げ公営住宅」に向き合う自治体 - 自治体問題研究所

自治体問題研究所 に向き合う自治体 住民と自治

Add: inifesy26 - Date: 2020-11-27 01:46:53 - Views: 4461 - Clicks: 7119

住宅地を丸ごと除染 2017.3 : 福島市、全国初の試み: 葉上太郎: ガバナンス: 133:. 福島県が各都道府県に、「民間賃貸住宅借り上げ」の新規受け付け停止を要請今月末で新規受け付けを停止するよう、福島県が各都道府県に要請していたことが分かった。福島第1原子力発電所事故で、福島県の住民が県外の民間賃貸住宅に避難する際の家賃を、避難先の自治体が立て替える各. 特集:震災「借り上げ公営住宅」に向き合う自治体 ¥591 (税込); 発行年月日:/02/15. 3.復興(災害)公営住宅の課題(予察的整理) 年末迄に、多くの自治体(福島県の原発被災地を除く)は震災復興計画の策定を完了し、災害公営住宅の建設(候補)地の選定も具体化しつつある。. 自治体問題研究所/自治体研究社 /04出版 50p 26cm ISBN:NDC:318. 自治体職員の「やわらかい」任用制度:.

札幌 困窮者住宅火災 生活保護高齢者ら11人犠牲 背景に公営住宅不足 赤旗日曜:. 大震災から6年 液状化対策 断念相次ぐ 爪痕残る千葉・茨城の自治体 住民負担大きく合意難航: 日本経済:. 住民と自治 年 3月号 (震災「借り上げ公営住宅」に向き合う自治体) 雑誌 (日本語) 雑誌 – /2/15 川瀬 光義 吉田 維一,津久井 進,佐藤 学 (著) その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする 雑誌, /2/15. 東日本大震災9年6カ月特集 一覧へ 東京電力福島第1原発は事故発生から9年6カ月を迎えた。事故後、福島県の各地に避難指示が出され、最大約16万. 住民と自治 年 3月号 (震災「借り上げ公営住宅」に向き合う自治体) 雑誌 住民と自治 2017.3 特集:震災「借り上げ公営住宅」に向き合う自治体 - 自治体問題研究所 川瀬 光義 吉田 維一,津久井 進,佐藤 学 雑誌. 住宅支援は「命の問題」 福島県、きょう打ち切り 自主避難者なおsos 【東京新聞】.

住民と自治 年3月号 (年02月11日発売). 震災と原発事故からの復旧・復興事業を進める本県にとって、全国から応援で派遣される職員の支えは大きい。一方、応援職員の派遣元の自治体. 所属 (現在):東京都立大学,人文科学研究科,教授, 研究分野:社会学,社会学(含社会福祉関係),震災問題と人文学・社会科学,小区分08010:社会学関連,地域・老年看護学, キーワード:東日本大震災,コミュニティ,復興,社会学,過疎,災害,原発事故,地域社会,社会移動,災害復興, 研究課題数:23, 研究成果. 31 〇東京電力福島第一原発事故の避難区域外から避難している世帯を対象に、福島県が行ってきた住宅無償提供が、三十一日で打ち切られる。避難者支援を続ける. 11 が示した要援護者避難の課題, 第3回ふくしまフォーラム講演(いわき市総合保健福祉センター、年3月17日 ). 11: 第95巻第11号: 三位一体改革のネクスト・ステージ:. 【最安値 590円(税込)】(4/4時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ジュウミン ト ジチ|著者名:自治体問題研究所|著者名カナ:ジチタイ モンダイ ケンキュウジョ|発行者:自治体研究社|発行者カナ:ジチタイケンキユウシヤ|ページ数:47p. 自治体問題研究所/(株)自治体研究社 〒東京都新宿区矢来町123 矢来ビル4階 電話:/ FAX:/.

商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。) 当サービスは予約で. 3月『住民と自治』の主な記事 特集 震災「借り上げ公営住宅」に向き合う自治体 「借り上げ復興公営住宅訴訟」問題とは何か─被災者に必要な「終の棲家」を─ 吉田維一; 理念に忠実な借り上げ公営住宅の政策 津久井進. 一方、災害公営住宅や仮設住宅での避難生活は長期化。震災直後の避難者は推計47万人であったが、年2月2日時点で5万1778人になった 。各県にいる避難者は、福島9322人、宮城人、岩手3666人。県外避難者は福島から3万263人 、宮城4196人、岩手1028人。. 政治・社会・法律(本・コミック)のネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料. 特集・東日本大震災から1年: 季刊自治. 自治体問題研究所発行「住民と自治」3月号特集 震災「借り上げ公営住宅」に向き合う自治体<18ページの特集です。>「借り上げ復興住宅訴訟」問題とは何かー被災者に.

特集 農業政策に翻弄される自治体 農政改革がもたらす農村の変容と対抗─農地中間管理事業を対象に─ 安藤光義 この論文の前半部分は、かって自民党の票田であった農林族の消長と、官邸主導の歴史を描き、それがもたらしている、農政の混乱を明らかに. 07: 第95巻第7号. 月刊『住民と自治』 年3月号. とによって、今後の大規模災害にける仮設住宅の在り方 及び災害公営住宅等の恒久住宅への円滑な移行の在り方 について論じたものである。 1. 支援、NPOの民家の借り上げ費用補助 区が近所3軒以上の連携緑化に補助 住民協力の新制度創設 県が津波避難路条例、建物所有者に耐震性確保の義務づけ 町が空き家を借り上げ修繕し. · その他(東日本大震災) - 宮城県の借り上げ住宅制度について教えてください 福島県から避難するため、宮城県(仙台以南)に借り上げ住宅を探しています 住居は現在、緊急時避難区域、建物は健在(半壊などはな. 住民と自治(3 ) - 自治体問題研究所 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まっ.

自治体情報誌 D-file(ディーファイル) 発売日:/12/25. 内田龍史 年「仮設住宅住民の現状と今後の展望 ── 名取市・岩沼市を事例として」『尚絅学院大学紀要』第66号:105-118 . 内田龍史 年「大阪府内自治体における人権啓発の現状と課題」『人権教育研究』(日本人権教育研究学会)第10号:46-59 .. 08: 第95巻第8号: npo再考―市民社会論の展開:. 情勢激動 いま魅力増す「赤旗」 裁量労働制拡大の削除につづく、森友公文書改ざん事件で、安倍内閣は土台から揺さぶられています。この情勢. 09: 第95巻第9号: 観光立国時代における自治体:.

11: 5-4817: 火山の監視 人員不足 歴代政府削減 共産党は強化要求 草津白根山噴火で露呈: 赤旗:. 12: 5-4818: 自治体 新電力の挑戦㊤ 再生エネで地元活性化 福岡・みやま市. 阪神・淡路大震災の直後の大混乱の中で、いち早く被災者の暮らしの復旧、被災地の復興を目標として、日本科学者会議兵庫支部と兵庫県労働運動総合研究所が共同で個人補償の実施を中心内容とした「震災復興のための提言」を1月 29日に国と被災自治体に提出しました。. 東日本大震災被災自治体等ヒアリング結 果等 (1)恒久住宅への移行に関する被災自治体からのヒア リング結果. 特集記事 震災「借り上げ公営住宅」に向き合う自治体 。 47 。 巻号 年2月号(通巻646号) 。 発行日 /02/01 。 特集記事 団地の自治会は動く 。 48 。 巻号 年1月号(通巻645号) 。 発行日 /01/01 。 特集記事 自治体と大学の連携 ―地域づくりへ広がる自治. 心身医学57巻3号: <特集>災害支援と自治体職員の心身のケア:—阪神・淡路大震災の復興から東日本大震災など国内外の被災地へ— 桜井明子 上月清司 山本喜三郎: 心身医学57巻3号: : 災害公営住宅入居登録者の登録までの住宅再建意向変化とその要因. 「災害時要援護者対策 自治体に求められるポイント」、市政、年6月号、pp. (17) 「自治体周辺法人の法的考察」平成29年11月19日、日本地方自治学会年大会第1分科会「行政と民間の関係―公営ギャンブル、自治体周辺法人、公営企業の研究から」(於、専修大学) →詳細はここ.

住民と自治 (特集:震災「借り上げ公営住宅」に向き合う自治体) 3. 27: 5-4172: 浪江町、政府案受け入れ 3月末の避難指示一部解除 福島の4町村、解除時期決まる: 日本経済:. 行政視察受け入れ調査では、年度に自治体の職員・議員の視察を受け入れた「公共サービスや施設、行政施策等」について、視察件数が多かった上位3つまでの取り組みを挙げてもらった。本記事では、東日本(北海道・東北・関東・中部)の各自治体が回答した取り組みを一覧形式でまとめ. 求められる被災自治体の職員体制強化 : 中長期の応援派遣・採用経費全額を震災復興特別交付税で措置: 石川健介: 議会と自治体: 169:.

住民と自治 2017.3 特集:震災「借り上げ公営住宅」に向き合う自治体 - 自治体問題研究所

email: oxuqygor@gmail.com - phone:(821) 181-3178 x 2228

きめる!センター政治・経済 新課程 - 清水雅博 - 日本投資環境研究所 内部管理責任者

-> 機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア
-> 世界幻想文学大系 放浪者メルモス 第5巻 B - 紀田順一郎

住民と自治 2017.3 特集:震災「借り上げ公営住宅」に向き合う自治体 - 自治体問題研究所 -


Sitemap 1

競艇確勝テクニック - 大島武斗 - 技術と文明 日本産業技術史学会